天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、高知に競り勝つ 徳島の後期V持ち越し 四国ILplus

2018/09/17 09:27

【香川―高知】8回1失点でリーグ単独トップの8勝目を挙げた香川先発の秀伍=観音寺市総合運動公園野球場
【香川―高知】8回1失点でリーグ単独トップの8勝目を挙げた香川先発の秀伍=観音寺市総合運動公園野球場

 四国アイランドリーグplusは16日、観音寺市総合運動公園野球場などで2試合が行われ、後期最下位が確定している香川オリーブガイナーズは、高知ファイティングドッグスに2―1で競り勝った。通算成績は9勝3分け17敗。
 香川は打線が1点を追う三回、四球と松井の右前打でつくった1死一、三塁から加藤の右前打で同点に追い付くと、1―1で迎えた八回は妹尾の左前打などで2死一、二塁と攻め、岡村の中前打で1点勝ち越した。

 投手陣は、先発の右腕秀伍が7四死球と制球を乱しながらも8回1失点と粘投。変化球を軸に配球を組み立てて要所を締め、リーグ単独トップの今季8勝目をつかんだ。1点リードの九回は右腕石田が無失点に封じた。

 一方、首位の徳島インディゴソックスは2位愛媛マンダリンパイレーツとの直接対決で5―9の逆転負けを喫したため、優勝決定は17日以降に持ち越しとなった。

 17日は徳島が香川に勝ち、愛媛が高知に引き分けか負けの場合と、徳島が香川と引き分け、愛媛が高知に負けた場合、徳島の2017年前期以来3期ぶり6度目の優勝が決まる。

 ▽観音寺
高 知100000000―1
香 川00100001×―2
▽勝 秀伍18試合8勝5敗
▽S 石田19試合5勝5敗2S
▽敗 嘉数33試合5勝2敗7S
▽二塁打 高井、木村▽盗塁 田久見、妹尾▽与死球 秀伍4(若原2、宇佐川、高井)
▽試合時間 2時間39分
 ▽JAバンク徳島
愛 媛000001701―9
徳 島120000110―5
(愛)正田、クインティン、河津―福田(徳)新田、河野、伊藤、相沢―垂井
▽本塁打 ヘイドーン8号(1)、ペレス10号(4)(以上愛)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.